三井住友銀行カードローンで収入証明書が必要になるとき

三井住友銀行カードローンで収入証明書が必要になるとき

三井住友銀行カードローンは、総量規制の対象外ということもあり、大変人気が高いサービスとなっています。
初めてのカードローンでも選ばれることが多いですが、収入証明書について確認しておくことをおすすめします。
三井住友銀行カードローンで収入証明書が必要になるときについて、説明したいと思います。

 

カードローンの申込みで収入証明書が必要になるとき

 

三井住友銀行カードローンの申込みで、収入証明書が必要になるのは、希望額は300万円を超えるときです。
プロミスやアコムのような消費者金融の場合は、50万円超の希望額で、必要になりますが、銀行カードローンの場合は、銀行ごとの基準で決められています。
300万円超の高額融資を希望しているときは、できるだけ早めに書類を用意するようにしましょう。

 

限度額の増額を希望するとき

 

また、三井住友銀行カードローンを利用中に、限度額の増額審査を受けるときにも必要になります。
増額審査は、申込時の審査よりも厳しい基準で行われますので、時間がかかるだけでなく、収入証明書の提出が求められることも多くなります。

 

用意する書類について

 

収入証明書が必要になったときは、源泉徴収票や納税証明書、所得証明書などを用意します。
アルバイトやパート勤務の方は、源泉徴収票を用意しますが、個人事業主の方は、確定申告書の写しを提出することになります。
必要な書類はできるだけ早めに用意し、申込みや増額の手続きをスムーズに進めるようにしましょう。