三井住友銀行カードローン増額

総量規制対象外の銀行カードローン!

カードローンの申込みがはじめてのときは、総量規制対象外の意味について分からないかもしれません。
総量規制は、カードローンを利用するにあたって、必ず理解しておくべき知識になりますので、ここで確認しておくことをおすすめします。
総量規制の基本について理解せずに申し込んでしまうと、希望する金額が借りられないこともありますので、十分注意するようにしましょう。

 

カードローンの総量規制とは?

 

カードローンの総量規制は、2010年6月18日に施行された、改正貸金業法に盛り込まれた新しいルールのことをいいます。
貸金業者による過剰な貸付を防止することを目的とし、年収の一定割合を超える融資を禁止する、というのが総量規制です。
具体的には、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などが融資をする際、年収の3分の1を超えてはならないというのが総量規制になります。

 

総量規制対象外カードローンとは?

 

ここで、「自分の年収の3分の1を超える融資が受けられないの?」と思われるかもしれませんが、すべてのカードローンが総量規制の対象というわけではありません。
総量規制がある貸金業法は、消費者金融会社や信販会社などを規制しますが、銀行を規制する法律ではありません。
つまり、銀行のカードローンについては、規制の対象外となりますので、総量規制対象外カードローンということになります。
年収の3分の1超の融資が必要になっているときは、バンクイックやレイクのような銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

総量規制対象外カードローンのもう一つのメリット!

 

総量規制対象外カードローンなら、収入証明書の提出要求もゆるくなります。
プロミスやこまめな消費者金融では、50万円超の希望額で証明書が必要ですが、総量規制対象外なら、少なくとも100万円までは証明書不要で借りれます。
源泉徴収票や納税証明書、確定申告書の写しといった書類の準備が不要になりますので、誰でも気軽にカードローンに申し込めるようになっています。